お金のことでみんなが悩むこと

もう少しお小遣いが増えたらな。
もう少しお金があれば、ローンを早く返せるのにな。
もう少しお金があれば、自己投資できるのにな。
もう少しお金があれば、苦労せず、心に余裕があるのにな。

 

ほとんどの人が、一度以上は思った事があると思います。
しかし現実はなかなかそうはいきません。
給料が少ない、生活費が多い、ローンの返済、突然の交際費、突発的な医療費、忘れていた支払い、家賃の更新料などの理由で、お金に余裕が出る事はなかなかありません。

 

でももし、これらの理由がなんとかなるとしたらどうです?
きっと幸福度が少しは上がると思いませんか?
給料がアップする、生活費が減る、ローンを完済する、交際費が減る、医療費がかからない、支払いは全部済ませている、家賃の更新料もない、こうなったら、お小遣いがアップしますよね。
自己投資も出来たり、心に余裕も出来ます。


なんとかなる出費はあるのか

さて、上記に羅列した中でなんとかなるものはどれでしょうか。
給料は自分の意志ではなんともなりません。
会社次第です。
会社の売り上げが上がる事です。
もしくは、出世する事ですが、これも会社次第なところもありますし、一念発起して出世を目指したところで半年後に必ず達成される、というものでもありません。
転職すればアップすることがありますが、転職して給料が上がったという人は、実は半数に満たないのです。
給料をアップすることは難しいです。

 

ローンの完済も難しいです。
お金に余裕があるから、ローンを完済したり、早めに返して行けたりするわけですから、お金に余裕を持たせる方法としては、順序が逆です。

 

交際費を減らすとデメリットも出てきます。
付き合いが悪いと言われたり、付き合いによって得られるものが得られなくなったりします。
デート代を減らすと彼女を不満にさせてしまいます。
友達の結婚式などもイレギュラーな交際費でしょう。
これは欠席することは難しいでしょう。
突然必要になる交際費も、計算に入れておくべきです。
普通に生活していれば、突然人と飲みに行くことになったとうことも、月に一度くらいはあるからです。
安い居酒屋を探すなどの方法以外に、交際費を減らすことはお勧めしません。


どうにもならない出費もある

医療費もどうにもならないところです。
せいぜい風邪をひかないように、体調管理に気を付ける、といったくらいです。
何か病気にかかった時に、病院に行かないでがまんするというのはお勧めできません。
何かしらのリスクがあるからです。
無理して薬も飲まずに会社に行けば、悪化する可能性もあります。
病院へ行って抗生物質を出してもらった方が、明らかに早く治ります。
医療費をケチるのはやめましょう。

 

何かの支払いを忘れている事はあります。
クレジットカードの請求書を見て、思ったより高額でびっくりすることがたまにあります。
思い出してみたら2か月前に豪遊してカードで払ったんだっけ、ということがよくあります。
こういう時は損した気分になりますよね。
また、インターネット回線の支払いを、カードではなく振込用紙で払っていた時に、しばらく忘れていて、督促状が来てから3か月滞納している事に気づき、一度に1万円以上支払うということもあったりします。
これはもう、支払いを忘れずに、計画的に行くしかありません。
ケチることが出来る部分ではありませんよね。

 

忘れたころにやってくるものの一つに、アパートの更新料があります。
2年に一度家賃を1か月分多く支払わなければいけません。
海外ではこのシステムはないのか、日本だけ独自のシステムなのかはわかりません。
さらに、保険料も2年更新なので、プラス2万円くらい払ったりします。
東京ですと、家賃の更新料と保険の更新料合わせて8万円から10万円くらいになったりします。
これはかなりの出費です。
毎月ギリギリの生活を送っている人にとっては、何ともならない金額です。
私の元同僚が30歳であるにもかかわらず、飲み代に全ての金をつぎ込み、家賃の更新料が払えずに親に借りたという人がいます。
最悪このようになってしまいます。
これは節約できるところではありません。
これも1年くらい前から計算して取っておくようにしましょう。


一つだけ抑えられる出費

さて、ではどの部分の出費を抑える事ができるのでしょうか。
何もないのでしょうか。
一つだけあります。
それは生活費です。
節約さえすれば、いくらか生活費は抑えることが出来ます。
このサイトでは、「リストアップ節約術」による、生活費の抑制方法をお教えします。

 

また、生活費以外でも、出来るだけ出費を減らす方法もお教えします。
こちらも試してみてください。

 

これらの節約の目安として、日本人の平均的出費もお教えします。
給料、生活費、交際費、娯楽費など、平均的にはいくら使われているのか、その金額を目安として、それ以下になるように節約術で調整して目指していきます。
目安がないと、頑張りようがありませんからね。

 

節約術で出費を減らせれば、その分を何かに使うことが出来るようになります。
交際費を増やしたり、娯楽費を増やしたり、習い事などの自己投資にも使えます。
いずれにしよ、精神的に満たされるようになります。
それではいざ、節約術の世界へ!

 

お金借りる 即日